コアサーバーV2プランでのSFTP接続方法

先日コアサーバーV1プランから同V2プランにサーバーを引越ししたのですが、「FTP接続ではユーザー名とパスワードを使って普通にサーバーに接続できるものの同じ設定でもSFTPでは接続できない」トラブルに遭ったので情報共有しておきます。簡単に説明するとパスワード認証じゃなくSSHの秘密鍵を使えという話です。

留意事項

  • 以下説明はmacOS/Linux向けですがWindowsやiOS/iPadOSでもSFTP接続できるアプリケーションを使うことで同様にSFTP接続は可能です。
  • コアサーバーV2プランではV1プランと違いFTP/SFTP接続時のコアサーバーコントロールパネルでのSSH接続IP許可は必要ありません。
  • V2プランではSSHでサーバーに接続する場合には公開鍵暗号方式での接続が必須となっています。SSH接続をする場合は作成した秘密鍵を使って接続してください。

手順

まず、コアサーバーコントロールパネル›ツール›SSH設定の “キーを作成”からSSH鍵を作成します。

キーIDは自分がコアサーバー用のSSH鍵だと分かるような名前、コメントは適当に(入力必須なので)、キーサイズは4096、パスワードは空欄にして作成ボタンを押せば完了です。 

SSH鍵が作成できたらSFTP接続を行う端末(PC等)に秘密鍵をダウンロードします。コアサーバーコントロールパネル›ツール›ファイルマネージャーを開き、.sshフォルダ内の[作成した鍵名]_rsaをダウンロードします。間違えて.pubの方をダウンロードしないよう注意。

ダウンロードした秘密鍵は~/.sshフォルダに置いておきます。

ついでにSSH鍵のパーミッションを変更しておきましょう。これをやっておかないとこの秘密鍵を使ってSSH接続するときにターミナルに怒られます。

cd ~/.ssh
chmod 600 coreserverv2_rsa

今回はFE File Explorerを使ってSFTP接続します(FileZilla等の別のソフトでも設定項目は同様です)。

ツールバーから+ボタンをクリックし、SFTPを選択します。 

Display Nameには任意の名前を、Hostにはコアサーバーコントロールパネル右上に表示されるドメインを、接続方法は “Key File”を選択し、秘密鍵のパスを入力・選択すれば正常に接続できるはずです。 

参考

SSH設定の利用 | コアサーバー

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑