iMessageとFacetimeのURLスキーム

iMessage

iMessageimessage://[電話番号またはメールアドレス]

使い方

iMessage://a11urrnet@example.com
iMessage://090-0123-4567

URLスキームの後に指定した連絡先にiMessageで新規メッセージを送信できる。

FaceTime

Facetimefacetime://[電話番号またはメールアドレス]
Facetime Audiofacetime-audio://[電話番号またはメールアドレス]

使い方

Facetime://a11urrnet@example.com
Facetime-Audio://090-0123-4567

URLスキームの後に指定した連絡先にFaceTime or FaceTime Audioで発信できる。

実際FaceTime://でもFacetime-Audio://でもどちらの選択肢も出てくるので、後者の方が使い勝手が良いと思う

Facetime-Audio://

Facetime://

活用例

QRコードにして名刺の裏に印刷する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Proudly powered by WordPress | テーマ: Baskerville 2 by Anders Noren

ページ先頭へ ↑